このページは、HOMEの中のCSRへの取り組みの中の第13回全日本学生フォーミュラ大会 協賛のお知らせのページです。

CSRへの取り組み

第13回全日本学生フォーミュラ大会 協賛のお知らせ

キグナス石油は、9月1日(火)〜5日(土)に静岡県の小笠山総合運動公園(ECOPA)で開催された「第13回全日本学生フォーミュラ大会」に協賛致しました。

「全日本学生フォーミュラ大会」は公益社団法人自動車技術会が主催し、実践的なものづくりの人材育成プログラムとして2003年にスタートしました。主役である学生が大学毎にチームを組んで構想・設計・制作した車両の加速・ハンドリング・耐久性といった走行性能に加え、車両コンセプト・設計・製造・コスト、更にはプレゼンテーションスキルなど、ものづくりの総合力を競います。
キグナス石油は、この大会趣旨に賛同し、昨年に続きスポンサーとして、学生たちの知的探究心を応援すべく、キグナス石油がスポンサードするチームルマンのスーパーフォーミュラカー1台を解体した状態で会場に展示し、「エンジニアトークショー」を4日〜5日の2日間行いました。
TEAM KYGNUS SUNOCO 7号車のチーフエンジニア田中耕太郎氏とジャーナリスト小倉茂徳氏が学生に対し車両のセッティングの仕方を中心に解説し、質問を受け付けました。多くの学生が車両や個々のパーツを見ながらエンジニアやメカニックに質問する中、海外チームの学生からも質問が相次ぐ等、一日中途切れることのない来場者で賑わいました。
本大会では過去最多の90チーム(国内75、海外15)がエントリーし、最終的に86チームが出走し、国内チームを含め東南アジアのタイやインドネシア・台湾等だけでなく、ヨーロッパからも初めて参戦するチームが出る等海外勢が増える中、国際的な大会になりつつあります。
キグナス石油はベストラップ賞として、エンデュランス部門(22周走行)の上位3チーム(1位:Graz University of Technology、2位:名古屋大学、3位:豊橋技術科学大学)にキグナスオイル「Ba:nプレミアム 5w-40」を提供しました。
キグナス石油は、今後もCSR活動を通じ、次世代を担う人材の育成を支援して参ります。

以上


(大会ボード)

(トークショーでの解説)

(学生たちの知的探究心)

(全車勢揃い)