このページは、HOMEの中のCSRへの取り組みの中の「Warm Blue 〜同じ青い空の下で〜」協賛についてのページです。

CSRへの取り組み

「Warm Blue 〜同じ青い空の下で〜」協賛について

キグナス石油は社会貢献活動の一環として、国連総会で決議された『世界自閉症啓発デー』の4月2日(木)、厚生労働省等が主催して行われる「東京タワー ライト・イット・アップ・ブルー」に連動したイベントである、「一般社団法人Get in touch(理事長:東ちづる)」が主催している「Warm Blue〜同じ青い空の下で〜」へ協賛致しました。
「Warm Blue」は自閉症の人たちが持つ、人間らしいあたたかさと重ねて名付けられました。ブルーには「涼しい」「クール」というイメージがあります。でも、あたたかいブルー、情熱的なブルーもきっとあるはずです。人を先入観で判断しないで、まっすぐ向き合って欲しい、そんな願いが込められています。青色のライトアップは、東京タワー以外にも、日本国内ではさっぽろテレビ塔、大阪城、広島城天守閣など全国約114か所で、世界各地でもエジプトのピラミッド、アメリカのエンパイアステートビル、カナダのナイアガラの滝等多くの建築物、観光名所等が青く照らしだされました。
キグナス石油は、Team KYGNUS SUNOCOのフォーミュラカー(チームルマン)を東京タワー前に展示し、子供たちや家族の皆さんに試乗していただき楽しんでいただきました。また、今年度のチームドライバーである小林可夢偉選手のトークショーが行われ、18時30分には、厚生労働省等による点灯式で東京タワーが青く変わる同じタイミングで、フォーミュラカーを青くライトアップ(オーバーテイクランプを青色に改造)し、会場を沸かせることが出来ました。

キグナス石油では、今後も次世代を担う学生や子供たちにモータースポーツを通じて感動や夢を与えていく事を、車社会と関係が深い当社の役割のひとつであると認識し、活動を展開して参ります。

以上

<青くライトアップされた東京タワー>

<フォーミュラカーの試乗>

<東ちづる理事長と小林可夢偉ドライバー>

<青く光るフォーミュラカー>